スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『失われた時を求めて6 第三篇 ゲルマントの方?』その1 2008.10.12

1回目の読書時には、大変なのを覚悟していたせいか、意外にすらすら読めるじゃん!なんて思った記憶があるのですが、今回2度目の読書で、こんなにだるい読書だったけか・・・って事も思ってしまっている訳でして。
スワンの恋なんてのは、わりとすらすらと読める方なのですが、この巻の真ん中へんなどは、社交界話が延々とつづくので、ちと辛かったです。
メインとなるゲルマント夫妻の〈才気〉ですが、「はじめに」に書かれた文には、にゃるほど、でした。

ゲルマント公爵夫人の才気が、辛辣で、意表を突き、社交界の人々からやんやの拍手を浴びながら、あくまでも空しいのは、社交界そのものの空しさを示している。

ネタばれしますが・・・

最初は祖母の死で始まるこの巻。変貌していく祖母が痛々しく、印象的でした。そして口達者なだけのやぶ医者・・・。
この小説では、表面だけ才気を装い、中身のない薄っぺらな人たちを、実に皮肉に描いています。こういうところは好きですね。

あ、と思ったのが次の文。にゃるほど、そうなのかな、と。
戦争と野球を比べちゃいけないのかもしれませんが、贔屓チームに対する気持ちと共通点があるよーな。

戦争のとき、自分の国を愛していない者は、その悪口こそ言わないが、しかしもう敗けたと思って自国に哀れみを抱き、ものごとを暗く考えるものなのだ。

自分、この傾向ある気がします。野球見ていて劣勢だと「ああ、今日は負けだ」なんて、しょっちゅう口にしてるし・・・。
なにごとに対しても、大きいショックを受けるのが恐いから、予防線を張るんですよね。だから悪い方に考えてしまふ。希望なんて、なるべく持たないようにしなきゃ、なんて思ってしまいます。
しかし、そう思いつつも、持つまい持つまいと思っても、どこかでどうしても希望を持ってしまって、悲しい思いをするって事もある訳でして。
・・・と話が別の方向へ行ってしまいましたが、次回へつづきます。

『失われた時を求めて』今までの感想はこちらから。



失われた時を求めて

クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。