スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『失われた時を求めて7 第四篇 ソドムとゴモラI』その1 2008.10.19

この巻で、この小説のかなり大きいテーマである〈同性愛〉がくっきりしてきます。リアルな描写にドキドキ!
そんな中の印象的だった一文を。

苦痛と同じくらいに騒がしいものがあり、それは快楽である

私は、この本でドレーフュス事件のことを知ったのですが、プルースト自身がユダヤ人の血が入っていることもあるのでしょう。この小説において、この事件はかなり重要です。
スワンとブロックという対照的なユダヤ人、オデット、サン=ルーの恋人であるラシェル、社交界の人達の偏見などなど。
ユダヤ人だけに限らず、あらゆる差別問題について言及されています。以下引用です。

彼らは、医者が盲腸を探すように、歴史のなかにまで倒錯を探し求め、イスラエル人たちがイエスをユダヤ人だと言うように、ソクラテスも倒錯者の一人であることを指摘して喜ぶが、そのとき彼らが思いもしなかったのは、同性愛が常態であったときに異常者はいなかったことであり、キリスト以前に反キリスト者はいなかったことであり、汚辱のみが犯罪を作るということだ。

「異常者」というのは数が決めるという事実は、恐ろしいと思います。

次回へつづきます。



失われた時を求めて

クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。