スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『失われた時を求めて7 第四篇 ソドムとゴモラI』その5 2008.10.29

巻末の三木卓さんのエッセイ「過激にして明晰」は、これがまた、あまりにひどいネタバレオンパレードでした。
ハードカバーで読んだ1回目の読書も、かなりネタバレされてガッカリでしたが、何故なんでしょう。
全体をわかった上で楽しむタイプの小説にしたって、これはなあ・・・とゆー感じ。
三木卓さんのせいではなく、たまたま7巻にこれが入ったっつー事なのかもしれませんが、もうちょっと読者の今後の楽しみを奪わない努力を出版社にしてほしいです。
とは言え、光文社古典新訳文庫より、集英社文庫ヘリテージシリーズの方が格段に良い気はしますね。ま、こちらは旧訳を読んでいないので比べられないかもしれませんが、これの他、ダンテの『新曲』やジョイスの『ユリシーズ』なども読みましたが、少なくとも日本語に関しての違和感はありません。
このエッセイから、オデットに関しての引用です。ほんの軽いネタバレありです。まあ、このくらいなら問題ないかと。

 オデットが終章にいたって、老いさらばえた登場人物のなかで、一人時空を超越したかのごとくに美をほしいままにしている場面 (そのあと作者は意地悪をするけれども) は、女性という性の強さをみせつけられる思いがした。ぼくの少ない映画体験からオデット的な女性を探してみると、それは「天井桟敷の人々」(マルセル・カルネ監督) のギャランス (アルレッティ) である。

工エエェェ(´д`)ェェエエ工 ぜんっっぜん違うと思うんですけど。
オデットは実際人を愛したことがあるの?って気がしました。



失われた時を求めて

クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。