スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コリン・ウィルソン『アウトサイダー』その2 2005.3.17

コレのつづきです。過去の投稿そのままUP。
自分の投稿のみUPしてますので、いきなりレスとかついてますが…まあ、意味が通じなくないものだと判断し、説明ナシでUPさせていただきます。

2001年11月2日の投稿です。

なんだか、だんだん怪しい神秘主義みたくなってきたゾ。宗教じみた。
別の意味でおもろいかも(笑)
あと100ページ弱。


2001年11月7日投稿。グルジェフまで出てきたとか、そんな話になってたと思います。

>グルジェフ(訳ではグールドジェフな
んて表記されていたが)

私が読んだのは集英社文庫、1988年出版ので、「グルジエフ」(エはでかいエ)になっていた。
なんだか後半に行くほど怪しい本になった気がします。(いちお読み終わった)
実在の人物と小説の登場人物といっしょくたに語ってるのもなんだか…(笑)
いちばん気にくわないのは、「アウトサイダーはアウトサイダーをやめたがっている」「やめるべき」みたいな考え。
アウトサイダーはアウトサイダーをやめちゃダメだと思うし、やめたいとも思ってないと思う。(一瞬思う事はあっても)

しかし、「アウトサイダー」て言葉は便利だな。つかえる(爆)。『異邦人』の英訳が『アウトサイダー』だってね。


2001年11月8日投稿。

>むしろアウトサイダーとしての自己に甘んじて閉じこも
るなってことだよね?

これがどういう事かっつーと、大雑把に言うと幻覚見て危ない人になりなさいって言ってるよーな感じで(爆)
あの辺からLOVE&PEACEにつながってくのだろうか。『荒野のおおかみ』と共にこれもヒッピーの間でブームになったっけ?

ニーチェが発狂したのをたいていは悪く言われるけど、私は必ずしも発狂したのが「悪い」とは判断できないと思っている。発狂は売春婦からうつされた梅毒が原因って説もあるよね。
アウトサイダーだから発狂したとは限らないんだよな。
カミーユ・クローデルのような才能ある彫刻家も発狂して病院にはいってしまうんだけど、あの激しい気性から芸術が生まれたわけだ。(彼女の人間の洞察力は実にすぐれていて、それが作品によく現れている。)
ただ、当時の精神病院の状態を考えると、やりきれない気はするね。

それにアウトサイダーの生き方と言っても一括りにできないとも思うんだけど、いいものを持っているのに自殺しちゃうような人もいるのは残念ではあるね。漫画家の山田花子とか。

この本の中のキルケゴールの引用で、ちとおもしろいのがあったので引用。


 神々は退屈し、そこで人間を創造した。孤独なアダムは退屈し、そこでイヴが創造された。……アダムは一人で退屈していたが、今度はアダムとイヴは一緒に退屈し、やがてアダムとイヴとカインとアベルが一家そろって退屈し、世界の人口が増加するにつれ、人びとは集団的に退屈するようになった。そこで人びとは退屈をまぎらわすため、天に届くほどの高さの塔を築こうと考えた。が、この考えの退屈なことときたら、この塔の高さに劣らず、それを見ても、退屈がいか
に猛威をふるっているかがわかる。



アウトサイダー (集英社文庫)アウトサイダー (集英社文庫)
(1988/02/19)
コリン・ウィルソン

商品詳細を見る


クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。