スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『失われた時を求めて9 第5篇 囚われの女 I 』その9 2008.12.16

巻末のエッセイは、今回は加賀乙彦でした。
いろいろUPしてます。こちらから。
私、加賀乙彦好きなんですが、この前清水さんが、加賀乙彦が書いているドストエフスキーに関しては、間違いだらけだとか悪口言ってた影響からか・・・(笑) いや、自分で判断してると思いたいですが、ちと最初の文を引用します。

 私はプルーストの研究家ではなく、一読者として永年小説を楽しんで読んできただけなので、作品の内容についての批評はできない。ただ、自分がどんなふうに彼の作品とかかわってきたかを、回想するだけである。

えー?研究家ぢゃないと批評しちゃいけないっつーんですかい??って気が・・・。
んで、実際に小説に書かれた教会や、プチット・マドレーヌの発祥の家に行った経験などが書かれているのですが、ほとんど感激するよりガッカリしたみたいで、その辺がまた『失われた時を求めて』のテーマのひとつと結びついちゃいますね。
そして、果たしてこの人は、ドストエフスキーよりトルストイ派だったの?とちと疑問にも思った一文を引用して終わります。

 この作品に私が心引かれたのは、緻密に閉じられた物語が現実の歴史と接触する、フローベールやトルストイの方法が、この二人の作家に心酔していた私の嗜好と一致したことが大きい。ドレーフュス事件や、第一次大戦に出征した話者の友人サン=ルーの存在、飛行船による空襲の光景、私には真偽の別を区別できないけれども、貴族やブルジョワのサロンの雰囲気など、時代と密着している小説の作り方が私には好ましかった。
 小説がある時代の実際の出来事を描けば、描かれた事実の真相は時を経るにしたがって変わっていき、小説はその部分から腐食していくので、こういう作り方を避ける小説家が多いことを私は知っている。ドストエフスキーには、実際の出来事をモデルにしながら、決してそれを事実として描かず、完全に小説の世界は現実から離れた形で完結する閉ざされた作品が多いが、それと対照的なトルストイの開かれた小説、たとえば『コザック』や『戦争と平和』のような小説にプルーストが手を差し伸べているのが、嬉しかったのである。


『戦争と平和』はしんどかったなあ。感想こちらにUPしてます。



失われた時を求めて

クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。