スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブコウスキー『詩人と女たち』その2 2005.3.19

コレのつづきです。
その他のブコウスキーについてはこちらを是非是非。

『詩人と女たち』の感想としては、ここに書いた通りなのですが、いろいろ引用したい所もありまして、2回に分けてみました。

ほとんどの作家をぼろくそにけなしているブコウスキーですが、セリーヌについては、度々「いい」とか「好き」とか正直に書いてますよね。
しまいにゃ小説の中にも登場させちゃってるし。(笑) そうとう好きなんだなーと思います。
この本でも2度か3度程セリーヌについて言及しています。
とある大学教授とその教え子がいろいろ質問する場面。

「あなたのお気に入りの作家は誰でした?」
「ファンテ」
「誰です?」
「ジョン・F-a-n-t-e。『塵に聞け』、『春まで待て、バンディニ』」
「どこでその人の本を見つけられるかしら?」
「わたしはダウンタウンの中央図書館で見つけたよ。五番街とオリーヴの交差点にある、そうじゃなかったかな?」
「どうしてその人が気に入ったんですか?」
「絶対的な感情。とても勇敢な人間だ」
「ほかには誰が?」
「セリーヌ」
「どうして?」
「徹底的にやっつけられても彼は笑っていた。それどころか自分をやっつけた相手まで笑わせた。とても勇敢な人間だ」
「勇敢さに重きをおいているのですね?」
「あらゆるものの中に見つけ出したいね。動物や鳥たち、爬虫類に人間」
「どうして?」
「どうしてかって? 気分がすかっとするじゃないか。まるでチャンスがない事態をものともしないという生き方の問題だよ」
「ヘミングウェイですか?」
「違うね」
「どうして?」
「あまりにも厳しすぎるし、あまりにも重苦しすぎる。いい作家だし、文もうまい。でも彼にしてみれば、人生はいつも全面戦争だった。大目に見ることなど絶対になかったし、踊ることも一度もなかった」


私、どこかでセリーヌの事を世界最初のパンクスだとか何とかって書いた覚えがあるんですが、<訳者あとがき>にこんな事が書いてありました。

 チャールズ・ブコウスキーのことをヘンリー・ミラーやむD・H・ロレンスと並べて論じたり、アレン・ギンズバーグやジャック・ケルアック、ローレンス・ファーリンゲティ、ウィリアム・バロウズといったビートニクの流れの中で捉える人もいるようだが、彼は「ビートニク・ブームの時代はただただ飲んだ暮れていた。グリニッジ・ヴィレッジやパリのボヘミアン・シーンには興味がない。ビートニクと呼ばれるよりはパンクスと呼ばれたほうが自分に近いものを感じる。わたしは死に絶えた種族の最後の生き見本なのだろう」と語っている。

河出文庫の中川五郎訳で読みました。


詩人と女たち (河出文庫)詩人と女たち (河出文庫)
(1996/10)
チャールズ ブコウスキー

商品詳細を見る


クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。