スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『失われた時を求めて11 第六篇 逃げ去る女 』その5 2009.1.25

*ネタバレありですが、どーせ本の訳注や前書きなどでネタバレされてしまふ箇所です。

アルベルチーヌの死のシーンは、『源氏物語』の紫の上の死のシーンを思い出しましたが、その源氏の悲しみと比べたら、この語り手のなんとうだうだしたことか!
源氏の空白の方が胸を打ちます。
この本全体が、すんごいうだうだうだうだしている気もします。
アルベルチーヌの秘密をエメに調べさせ、それを知った事よりも、知っている事をアルベルチーヌに知ってもらいたかった。って・・・もうほんっっといやしいとゆーか、くだらんとゆーか。

しかし、以下の所などは良いですね。

そのとき私は、自分をあんなに退屈された生活――少なくとも自分では退屈だと思っていた生活――が、逆に快いものだったことを理解した。

もうひとつ。

私はただ宝物の光が上から自分のところにまで反射してくるのを見て、それを完全にわが物にしていると思いこんだために、その本当の値打ちを評価するのを怠ったにすぎない。そのためにこの貴重な宝物も必然的に、私が想像力を働かせて評価していたどんなつまらない快楽に比べても劣るように見えたのだ。私は理解した、まるで牢獄からもれてくるように見えたこの光が、私の心にどれほどの充実感や、生命力や、幸福感をすべりこませるかを。

人間失ってみないと、その本当の価値がわからないんですよね。
この巻、次回で最終回かな?



失われた時を求めて

クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。