スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『失われた時を求めて13 第七篇 見出された時? 』その4 2009.2.17

この作品を再読して、いちばん良かったと思うのは、最初の方の感想で書いたと思いますが、読みながら自分自身の事を考えた事だと思います。
以下引用です。

おそらくその本を読む人びとのことを思って、それを私の読者と言うのは、不正確でさえあるだろう。なぜなら私の考えでは、彼らは私の読者ではなくて、自分自身のことを読む読者だからだ。私の本は、コンブレーの眼鏡屋がお客に差し出すような、一種の拡大鏡にすぎないのである。私の本、それによって私は彼らに、自分自身のことを読む手段を提供するだろう。したがって私は彼らに、私のことを誉めたり、けなしたりしてくれとは求めないだろう。ただ、本当にこの通りかどうか、彼らが自分自身の内部で読んでいる言葉は、まさしく私の書いた言葉かどうか、それを言ってくれということだけを求めるだろう (この点で意見の分かれることもあるだろうが、それはかならずしも私の思い違いから起こるとは限らず、ときには読者の目が、私の本の適しているような目ではなく、彼が自分自身をよく読むことができないということから起こる場合もあるのだ)。

そして「あとがき」から引用して終わります。

『見出された時』のなかで語り手は何度も、読者は「私の読者」ではない、自分自身のことを読む読者だ、という趣旨のことを述べているが、それこそ作者プルーストが想定する『失われた時を求めて』の読者の姿でもある。つまりプルーストの小説はもともと、自分自身を振り返るすべての読者に開かれているはずのものだった。そうだとすれば、これをただ専門家のみが接近を許された聖域にまつりあげるのではなく、もう少し身近なものにすることはできないか。それが私の意図したことだった。



失われた時を求めて

クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。