スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴木邦男・川本三郎『本と映画と「70年」を語ろう』その6 2009.2.28

私、年をとることは悪い事ではない、自分は年をとる事に肯定的だ、と随分前から書いてきたと思うんですが、そして、あらゆる面で今でもその通りだと思うし、若い頃に戻りたいなんて思ったこともないんです。
それは、知識も増えて知恵もつき、人生経験も積んで若い頃より賢くなるから、という事なんですが、その反面、勿論体力の衰えだとか、お肌の調子だとか、しわだとか、い、いつの間に・・・ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン  
ってな事もいっぱいあって 物覚えの悪さとかも・・・ 、それは人間生きていれば、誰もが通る事であって、全く当たり前な事なので、逆らわずに自然に受け入れよう。

ってな事を思っていたハズなのに・・・、いざ実年齢言ってもビックリされなくなってみるとですねえ。以前はビックリされるから年齢言うのやだなー、なんて思っていたハズなのにですねえ。
ああ、このおでこのしわさえなければ、とか、全く興味なかったアンチエイジングなんてのもやらないと、とか、やっぱし思ってしまう訳でして。
「信じられんくらい若く見える」「化け物としか思えん (イザベル・アジャーニなんてそうだよね)」「年齢不詳」
ってなのに憧れる人って、物凄く多い気がするんで、以下の文は目から鱗な感じでした。

鈴木 「早く大人になりたい」とか、「早く老人になりたい」とか、「早く○○翁と呼ばれたい」という人は、昔はいたんでしょうけど、今はあんまりいない。みんな、ぎりぎりまで若さを維持したいという人ばかりですね。
川本 そうですね。「一生現役」とか、そういうこと言う人多いですね。
鈴木 昔の人なんかは結構三〇代ぐらいで○○翁とか言われたとか。でも今じゃ、四〇代でも若者じゃないですか。
川本 ええ。
鈴木 昔は、落ち着いた老人というか、手本になる老人がいたからそうなりたいと思ったんでしょうね。でも今はその手本がない。永井荷風のように、亡くなった人にしか見いだせない。


「ぎりぎりまで若さを維持したいという人ばかり」って、ほんっっとその通りだと思いました。



クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : エッセイ/随筆
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。