スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ジェーン・エア』 2005.3.30

*ネタバレいっぱい警報~ !

実に壮大な物語です。ジェーン・エアの幼少時から、実に実にしっかりと描かれています。
あらゆる面ですごく面白かったです。
この小説、1847年に出版されてるんですが、この時代にしては、凄く斬新です。今読んでも斬新だと思えるもんね。
まず、主役は美男美女と言う常識を撃ち破っているし、キャラクターの性格も、タダの善良で清く正しい、或はその逆でもなく、とてもハッキリした、知的な働く女性なんですね。
ロチェスターとの会話のキャッチボールが知的でとてもおもしろいです。
お邸での恋愛なんつーと、もう絶対的に王子様ではないですか。それがこの小説ではブ男だっつーんだから、おもろいっすよ。そして、これを読んで救われた人達もきっと多いに違いない。
ジェーンも美人ではない所がイイです。もうなんつーか…これでもかってぐらいあらゆる形容詞を並べたてて、どんなにその人が美しいかを描いている小説って山程あるじゃないですか。そんなの読むとケッ ! と思う私なんぞにとっては。
巻末の<シャーロット・ブロンテ---人と作品--->には、こんなおもしろいエピソードも載っています。

この小説のふたりの主人公が、いずれも美男美女でないことも、当時の小説としては破格なものであった。それまで小説の主人公というものは、かならず若く美しき男女でなければならなかったのである。ロチェスターは、むしろ醜男の部類にはいる中年の紳士だし、二十歳のジェーン・エアもまた、きわめて特長的な顔立ちはしているが決して美人ではない。この小説があらわれていらい、イギリスやアメリカでは、若くもなく美男型でもない男性を恋人に選ぶことがはやったという話さえつたわっている。

ジェーン・エアは実にしっかりした人間性を見抜く能力があり、さらに毒舌家な所が、私には好感が持てます。ロチェスターに取り入る美人のイングラム嬢を見ても、決して意固地になんかならずに、こんな事を思うのです。

イングラム嬢は、嫉妬するに価しない女であり、そんな気持ちをおこすには、あまりに劣った女であった。逆説めいたことばをゆるしていただきたい。私は、まじめに言っているのだ。彼女は、とてもはでには見えているけれど、真摯ではなかった。美しい容姿をもち、いろいろな芸能にすぐれてはいるが、精神は貧しく、心は、うまれつき干からびていて、その土壌の上に、おのずと花咲く花は一茎もなく、自然にみのった天然の果実が、その新鮮さを賞美されるということもなかった。彼女は善良でもなければ、独創的でもなかった。いつも書物のなかの、ぎょうぎょうしいことばをくりかえすが、自分の意見をのべることもなければ自分の意見をもってもいなかった。崇高な感情をふりまわすが、同情や憐憫の情を知ってはいなかった。感じやすい心や真摯な魂は彼女のなかにはなかった。

・・・と実に適格と言うか。こーゆー人いますよね~。(笑)

そして妹エミリの『嵐が丘』とも共通な、絶対的な確かな愛と言うのは素敵だと思います。次の表現など、『嵐が丘』的ですよね。すごくおもしろい表現だと思います。ロチェスターのセリフ。

「--前略-- なにか私の肋骨の下のふたりに弦があって、それが、あなたの小さなからだの同じ個所にある、よく似た弦と、ほどけぬように、しっかり結ばれているように感じるのです。--後略--」

それにしても、ハッピーエンドと言えるラストなのかもしれないけど、こんな結末になるとは・・・むごいよ~シャーロット。映画も観たんですが、こっちはもうちょいキツくなくなってますね。
映画は、この壮大な物語をこの時間におさめるには、大事な所もはしょっているのはしかたがないし、なかなか良かったです。オーソン・ウェルズがとにかく凄いですよ。


ジェーン・エア [DVD] FRT-011ジェーン・エア [DVD] FRT-011
(2006/12/14)
ジョーン・フォンティン

商品詳細を見る


そして、この小説、『レベッカ』との共通点が多いのにも驚かされましたが、映画ではどっちもジョーン・フォンティンが演じているですよ。
ジェーン・エアは、もっとはっきりした感じの人が合うと思うのですが…キャサリン・ヘプバーンとかがイメージだなあ。


レベッカ [DVD]レベッカ [DVD]
(2011/02/16)
ローレンス・オリヴィエ ジョーン・フォンティン

商品詳細を見る


 

クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。