スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドストエーフスキイ全作品を読む会『未成年』から『カラマーゾフの兄弟』 2009.4.21

ドストエーフスキイ全作品を読む会ってのがありまして、この前『未成年』を読んだところなので、(感想、時間のある時にこらちにリンクしておきます) テーマ的に興味があったので行ってきました。
当然『未成年』の話が中心だと思いますよね?
ところが、ほとんどが『二重人格』の話で、『未成年』に関しては、『カラマーゾフの兄弟』に関して大変重要だという言及のみという感じ。(-_-;)
もうずっと不満に思いつつ聞いてました。いつ『未成年』の話になるんだをい、と。
もしかしたら、この日の為に『未成年』を読んで準備してきた方だっておられるかもしれないし、こーゆータイトルに偽りありってどうなんでしょうか??

しかし質疑応答になったら、質問者がちゃんと『未成年』の話に持って行ってくれまして、にゃるほどな発見もあり、おもしろかったです。
いそがしい時間をさいて、千円ばかし払って聞きに来てるんですから、何も得る所ナシに帰る事になったら悲しいですよね。

ヴェルシーロフの分裂性というのは、『二重人格』のゴリャートキンとは全く違うって話でしたが、ヴェルシーロフが聖像を壊すシーンの話が出た時に、これはきっと何か深い意味があるんじゃないか?と私は思ったんです。
そこの箇所はこちらで引用していますが、分離派の像を壊すんです。この〈分離派〉の像を壊す所に、何かあるな、と思ったんです。
そして、自我の分裂に悩んだヘッセも、ドストエフスキーの分裂に共感したんじゃないかな、なんて事に考えはおよび、『荒野のおおかみ』あたりを再読して確かめてみようかな、なんて事も思っています。

んで〈分離派〉の像の話ですが、尊敬する清水先生と飲む機会があったので、こりゃ是非とも聞いてみなければ、と思っていたのですが、ひっじょおに有益なお話をお聞きする事が出来ました!!
『罪と罰』のラスコーリニコフが、ばーさんの頭を「割る」訳ですが、(この辺の意味は江川卓の『謎とき罪と罰』(感想書いてます。ココから飛んでくだせえ) に詳しく出ています) ラスコーリニコフのこの行為と、ヴェルシーロフの聖像壊しって、おそらく繋がってますよね。
〈分離派〉の事も詳しく調べれば、おもろい事実が浮かびあがるかもしれません。ちと時間があるか、わかりませんが。^^;

偶然なんですが、明日UP予定の「ドストエフスキー『作家の日記』1巻 その2」でも〈分離派〉に言及してます。

*ってな感じで、時間は足りないまま、やりたい事ばかり増えていく~~私にの1クリックを~~~。


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。