スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大塚ひかり全訳『源氏物語第一巻 桐壺~賢木』その8 2009.6.4

"月" も "山" に入ってしまったのか、胸打つ空をながめては、恋の恨みを訴えるので、御息所は積もり積もった辛さも消えてしまいそうです。
「ようやく、これで最後」と諦めたのに、案の定、かえって決心が揺らいで思い乱れます。


とあるのですが、ひかりナビでお勉強できていたので、意味がわかりましたよん。
六条御息所の伊勢下り前のシーンです。
以下ひかりナビより引用です。

「"月" も "山" に入ってしまった」とは、月=源氏が山=御息所の中に入った、つまりセックスしたことを表すのでしょう。直後、御息所の決意が揺らいだと描かれるゆえんです。手に入らぬ距離になると惜しくなって、すがる源氏の男心は残酷です。

そんな源氏を振り切って下向した御息所は立派です。
出来た女は幸せになれないのか…と考えてしまいました。以下の所も涙涙。 (´;ω;`)

御息所は、源氏を振り棄てながらも、どんな慌ただしい折にも即レスしているのが印象的です。返事の早さは『源氏物語』では思いの深さと比例しているようなところがあって、源氏が惹かれるのはこういう即レス女より、紫の上のように新枕の後朝の文の返事をしなかったり、藤壷や朝顔の姫君のようにめったに返事をくれない女であるのは確かです。

これって源氏に限らずな気がしてならないのですが、そんな所もこの小説が見事なところですね。
自分ももっと早く、こういうNO即レス的なテクを身につけておくべきだったと悔やまれます。 (´;ω;`)
『失われた時を求めて』の恋にも通じるところが多々ありますので、是非比べてみてください。



大塚ひかり

クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 古典文学
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。