スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清水正『ドストエフスキー『罪と罰』の世界』その5 2009.6.28

◆スヴィドリガイロフ◆
私がこの小説の中で、最も好きなキャラが、ポルフィーリイとスヴィドリガイロフです。
こちらで引用したセリフなんて大好き。
清水さんも指摘されてますが、事実だけを追ってみますと、誰がいちばんエライって、スヴィドリガイロフなんですよ。実際に何人もの人を助けているのですから!
どれだけ善行を行なっても、こうまでうさんくさがれて嫌われるって、実に悲しいキャラです。
世の中結構こういうことってあるんですよね。
そして、読んでいて思ったのは、もしかしてラスコーリニコフは凡人ゆえに愛され、スヴィドリガイロフは非凡人だから愛されないのかもしれない、ということでした。
第十四章 スヴィドリガイロウの謎、冒頭を引用です。

 スヴィドリガイロフとは何者か? この問いを最初に発したのはラスコーリニコフである。ラスコーリニコフにとってスヴィドリガイロフとポルフィーリイの二人は謎である。彼はついに二人の謎をとくことはできなかった。もしも仮りにラスコーリニコフにこの二人の存在の秘密が明らかになっていれば、『罪と罰』は今日のわれわれが考えるよりはるかに平板な物語になっていたはずである。論点をかえれば、スヴィドリガイロフとポルフィーリイの二人物のみが現代においても存在のリアリティを保持しているということである。

にゃるほど!ですね。それから…

スヴィドリガイロフを前にしたラスコーリニコフが殺人者でありながら、"善玉" の姿勢を崩そうとしないことに変わりはない。こういった手合、つまりポルフィーリイのことばでいえば「人を殺しておきながら、自分を潔白な人間だと思って、他人を軽蔑し、青ざめた天使のような顔をして歩きまわっている」手合こそ "卑劣感" と呼ぶにふさわしいであろう。

いやはや、このポルフィーリイのセリフはほんっっとに見事で、小説内で既にラスコーリニコフの正体暴いているんですね。
そして、スヴィドリガイロフ=幽霊説が印象的でおもしろかったので、そういう視点で、また再読しなきゃならないかな…と思っています。(もうキリがにゃい~~)
次の「第十九章 スヴィドリガイロフと『オルフェ』の死の女神」もおもしろかったです。
コクトーの『オルフェ』もまた見ないと。
(コクトーは小説『大胯びらき』の感想だけ書いてました。)

  



クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : エッセイ/随筆
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。