スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

澁澤龍彦『スクリーンの夢魔』その9 ◆恐怖映画への誘い◆その2

この章、吸血鬼の関する言及が多くて嬉しいです。
結局、ストーカーの「ドラキュラ」と、レ・ファニュの「カーミラ」が、その後の吸血鬼映画の方向を大きく決定したもののごとくである。と書かれていますが、カール・ドライヤーの『吸血鬼』もカーミラだったのですね!
再見して原作も再読したいです!

 

 

そしてテレンス・フィッシャー監督、クリストファー・リーの『吸血鬼ドラキュラ』、ロジェ・バディムの『血とバラ』が、何と言っても圧倒的に美しく素晴らしいでしょう!!
ここでもドラキュラが恐怖の対象であるとともに、女たちにとってエロティックの対象でもあると書かれていますが、私がドラキュラを好きな理由もまさにソレでして、是非こちらも御覧下さればと思います。

 

『血と薔薇』(昔は漢字表記だったのですね。漢字の方がずっと素敵!) について書かれている所は当然引用しなければいけないでしょう。って訳で引用です。

注目すべきは、フランスの鬼才ロジェ・バディムが、やはりカラーで撮ったレ・ファニュ原作の『血と薔薇』(一九六〇年) であろう。時代を現代に設定しているが、これも昔ながらの「カーミラ」ものであって、女吸血鬼の同性愛が、舞踏会やら庭園やら仕掛花火やら温室やらといった、夢のように美しい舞台装置のなかで妖しく展開する。そして突然、白黒の超現実的なシーンが挿入されるが、そこでは犠牲者の血だけが効果的に赤いのである。……

それにしても何故DVD出てないんでしょうね。(-_-;)



それから、あの存在にも言及されてました! 引用です。

 モンスター映画によく登場するグロテスクな存在には、一度死んで墓に入り、魔術師の力によって生気を吹きこまれ、ふたたび墓を出てくるといわれる、ヴォードゥー教の「ゾンビ」がある。魂のない、死せるゾンビは魔術師にあやつられ、魔術師の意のままに、生きた人間を襲うのである。

ロメロ以降「ゾンビ」はあのようなものになりましたが、元々はこういうものだったのですね。



 

クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : エッセイ/随筆
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

はじめまして、下等遊民さんのところからきました。

そちらの記事とは直接関係ありませんが「死者の蘇生」がテーマの映画だったのでよかったら是非youtubeでご覧になってください。
「オカルトとホラーと暴走族とちょっぴり切ない青春ドラマ」といった感じの映画です。

Re: はじめまして

fabriceさん、はじめまして。
コメントありがとうございます! 嬉しいです。
しかし、その「死者の蘇生」がテーマの映画、タイトルは何でしょうか?
YOU TUBE観てみたいと思うので、よろしくです。
「オカルトとホラーと暴走族とちょっぴり切ない青春ドラマ」とっっても気になります~~

No title

お返事ありがとうございます。

すいません、肝心のトラックバックがうまく飛んでませんでした。
まるでスパムコメントみたいになってますね。申し訳ないです。

件の映画のタイトルですが「psychomania」というイギリスの映画です。
youtubeのURLを貼っておきます。

http://www.youtube.com/watch?v=vhsSSQgy9nQ

字幕が無いのですが台詞がわからなくてもあまり気にならない、いわゆるバカ映画ですので肩の力を抜いてご覧ください。

fabriceさま

ありがとうございます(^^)
妖しげですね~後で時間のある時に見てみますねー( ^ω^)ワクワク
ブログにも飛びましたが、その記事によるとシド・バレット関連とか?
これはちゃんと見ておかねば。
貴重な情報感謝です!
また、いろいろ教えてくださいませ。
ブログも、またゆっくり見させて頂きますね~

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。