スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森鴎外『山椒大夫・高瀬舟 他四篇』 2005.6.12

映画『山椒大夫』を観る前の予習で読みました。
『山椒大夫』『魚玄機』『じいさんばあさん』『最後の一句』『高瀬舟』『寒山捨得』の6篇です。
それぞれが、大変印象深かったです。
『魚玄機』などは、ちと私には難しかったんですが・・・。古文じゃん、コレって感じで。(^^;)

『山椒大夫』は、有名な安寿と厨子王のお話ですね。これって大昔にNHKの人形劇でやってませんでしたっけ。

『魚玄機』、美人の犯罪者って、なんか惹かれるものがありませんか?
そして、フツーの美人ではなく、すごい才女で中身は男ぽい人のはずが、嫉妬に狂い・・・と言う所が、みょーに色っぽいのです。
そして、殺しの場面がまた色っぽい。乱歩の『パノラマ島奇談』だったかの、首絞める場面の描写の色っぽさを思い出しました。

『じいさんばあさん』、いいですね。『最後の一句』も、実に心に残ります。

『高瀬舟』は、今現在もつきつけられている、安楽死の問題ですね。
考えさせられます。

どれも、淡々とした見事な文章の中に、生と死について鋭くつきつけられる、そして、ほのかなエロスも漂う内容でした。

岩波文庫で読みました。


山椒大夫・高瀬舟 他四編 (岩波文庫 緑 5-7)山椒大夫・高瀬舟 他四編 (岩波文庫 緑 5-7)
(2002/10/16)
森 鴎外

商品詳細を見る



山椒大夫 [DVD]山椒大夫 [DVD]
(2008/08/22)
田中絹代、花柳喜章 他

商品詳細を見る


クリックよろぴくー。
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者数:

現在の閲覧者数:

検索フォーム
プロフィール

吉乃黄櫻

Author:吉乃黄櫻
ハードロックギタリストで作詞作曲家(まだアマチュアだけどな)吉乃黄櫻の読書ブログ。
60~70年代のロック、サイレント~60年代あたりの映画、フランス・ロシア・ドイツなどの古典文学が好きな懐古趣味人。
西武ライオンズファン。
峰不二子、デボラ・ハリー、ウエンディー・O・ウィリアムスが憧れの人!

メインブログ黄櫻御殿
映画の部屋も( `・∀・´)ノヨロシク

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

アフィリエイト・SEO対策


国内格安航空券サイトe航空券.com


FC2ブログランキング


[PR]アクセスカウンター
[PR]東京 税理士

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。